会社概要:沿革|恭和工業株式会社

会社概要
ピックアップ

沿革

1946年1月(昭和21年) 四日市市浜一色町にて個人企業で創業建築、土木工事を主に営業
1960年11月(昭和35年) 鉄骨構造物工事の営業を開始
1961年2月(昭和36年) 本社工場を四日市市午起町に建設
1962年2月(昭和37年) 株式会社に組織変更払込資本金100万円
代表取締役に伊藤忠一就任
1963年8月(昭和38年) 一般土木工事業、(特)建築工事業、(特)鋼構造物工事業、
知事登録取得
1963年10月(昭和38年) 資本金200万円に増資
1963年12月(昭和38年) 一級建築士事務所開設
1966年5月(昭和41年) 本社工場増設
1967年6月(昭和42年) 川鉄テーパースチール指定店となる
資本金300万円に増資
1968年9月(昭和43年) 資本金600万円に増資
1969年12月(昭和44年) 川崎Hフレーム一次加工工場指定店となる
1970年10月(昭和45年) 資本金1,200万円に増資
1971年10月(昭和46年) 資本金1,800万円に増資
1973年5月(昭和48年) 国鉄関西線複線化のため本社工場を現在の高浜町に移転開設
1977年11月(昭和52年) 建設省告示第1308号
溶接継目強度を母体と同強度にできる鉄骨加工業者認定を受ける
1979年9月(昭和54年) (社)全国鉄構工業連合会鋼構造物製作工場認定第23.006,M.001号
認定受ける
1981年10月(昭和56年) (社)全国鉄構工業連合会鋼構造物製作工場認定第23.H.002号
認定受ける
1982年4月(昭和57年) 建設省告示第1103号第2号の規定に基づく建設大臣認定を受ける
1988年2月(昭和63年) 取締役副社長伊藤一美、代表取締役社長に昇格就任
1989年12月(平成元年) 鉄構センター(一次加工専門工場)完成
1990年4月(平成2年) 資本金3,600万円に増資
1993年4月(平成5年) 建築鉄骨溶接技能者技量 検定(AW検定)取得
1995年4月(平成7年) 住宅リフォーム事業開始、松下電工(株)FC、リファインとみだ開設
1996年10月(平成8年) 鉄骨柱大組立溶接ロボット導入、柱組立溶接一貫ライン完成
1997年6月(平成9年) 一次加工専用工場ライングレードアップCAD/CAM化
1998年2月(平成10年) 住宅FC、KESシステム加盟、住宅部門強化
2001年12月(平成13年) 建築基準法第68条の26第1項に基づく国土交通大臣認定Hグレードを受ける
2002年9月(平成14年) 杭柱一体構法エコスフレーム会員加入。中部地区営業開始
2005年2月(平成17年) 国際規格ISO14001(環境マネジメントシステム)、
ISO9001(品質マネジメントシステム)の認証取得
2005年5月(平成17年) 梁加工工場建設及び、ストックヤード増設
2005年5月(平成17年) 賃貸住宅事業強化。日本管理センター(株)の
スーパーサブリース導入
2007年3月(平成19年) 恭和ハウジング 京町展示場開設
2009年2月(平成21年) OHSAS 18001:2007取得品質、環境、労働安全衛生統合
2014年12月(平成26年) 伊藤貴俊 代表取締役社長に就任